• 2020年1月3日

あなたを癒す、チャクラとカラーとアロマ

チャクラを整えて潜在意識から変われる、アロマとカラー 日本ナチュラルホリスティックトリートメント協会代表理事の長屋博美です。 心と身体の癒しブログコルサナにご訪問頂き誠に有難うございます。 今回からは自分のチャクラの状態を知り、アロマ、カラーを使って […]

  • 2019年12月28日

中医学の帰経とは

帰経とは、食べ物が体の どの部分によく働らくか 表したものです。 例えば、体を温める「生姜」は脾胃肺によく働きます。 これはしょうがが、お腹の冷えによく働らくことを表します。また、同じ体を温める食べ物である「エビ」は肝腎肺によく働らきます。これはエビ […]

  • 2019年12月28日

中医学の効能とは

効能とは、食べ物が私たちの 心と体のどこに、どのように働らくのか をあらわしています。 ひとつの食べ物には、複数の効能があり、 選んで食べることでバランスの崩れをピンポイントに変える ことができます。 季節、気候、体質、気血水や五臓などの不調によるバ […]

  • 2019年12月26日

中医学の五味とは

五味とは、味が体に作用する特徴的な働きを表しています。 酸味•苦味•甘味•辛味•鹹味(塩味) の5つの味に分けられていて、それぞれが持つ特徴な働きで心や体のバランスを整えるとともに、関連する五臓の働きを活発にします。しかし、 ひとつの味に偏った食事を […]

  • 2019年12月25日

中医学の五性とは

五性とは、(四性とか四気、五気という言い方をすることもあります) 体を 温めたり•冷やしたり といった、たがからに作用する性質をあらわしています。 寒•涼•平•温度•熱 という5つの性質に分けられていて、 体内の 寒熱のバランスを整える ときに使いま […]

  • 2019年12月24日

薬膳とは

薬膳とは、古くからの人々の経験の積み重ねによって作られたもので、食べ物を使って、心と体のバランスを整える方法です。漢方薬に使うような食材を使って、特別な手間をかけて作る薬膳もありますが、私たちが いつも食べている食材や食事 も、立派な薬膳となります。 […]

  • 2019年12月23日

中医学の基礎 私たちを支える五臓の まとめ

五臓がどのように気血水と関わっているのか、少しはイメージできましたか。 気血水のバランスを整えるとき、どの五臓が関わっているかを考えると、さらに深くアプローチできます。 気の量と関係するのは 脾•肺 どちらも気を作っているとても大切な場所です。 気の […]

  • 2019年12月22日

中医学の五臓の体質チェック!

あなたの五臓のバランスをチェックしてみましょう。 肝のチェック □目が疲れやすい □足がつ、目の下がピクピクする □爪が弱い、割れやすい □イライラしやすい、怒りっぽい □ストレスが多い □寝つきが悪い □睡眠が浅くすぐ目がさめる □胸やお腹が張る […]

  • 2019年12月21日

中医学の腎とは

腎•••水分代謝をコントロールし、成長を助ける 腎には3つの働きがあります ①水分代謝をコントロールする 肺と協力して体内の水分代謝をコントロールします。 肺から送られてきた 不要な水分を尿として排泄 します。 ②成長と発育を助け、生殖活動を維持する […]

  • 2019年12月20日

中医学の肺とは

肺•••気を作って全身にはこび、水をスムーズに流す 肺には3つの働きがあります。 ①呼吸をコントロールして気を作る 肺といえば呼吸に関係している、とすぐにイメージできると思います。肺は新鮮な空気を吸い込み、そこから 気を作り 体内で不要になった 「汚 […]

  • 2019年12月19日

中医学の脾とは

脾•••食べ物を消化吸収して気を作り、血の漏れを防ぐ 脾には3つの働きがあります ①食べ物を消化し吸収する 脾は食べ物を 消化し吸収して気血水のもとになるものを作ります 中医学でいう脾とは胃腸の働きをあらわします。 そして作った気血水のもとを 心や肺 […]

  • 2019年12月18日

中医学の心とは

心•••全身に血を送り、精神を安定させる 心には2つの働きがあります ①血を全身に送るポンプの役割 心は血をすみずみまで送り出す ポンプの役割 をしています。 中医学における心は、私たちのよく知っている心臓の働きとイメージが重なります。 ②「精神」や […]

  • 2019年12月17日

中医学の肝とは

肝•••気血のめぐりを促し、血をたくわえる 肝には2つの働きがあります ①気血のめぐりをよくする 肝は、 体のすみずみに気血を行き渡らせる働き を持っています。 この働きのおかげで、気血が滞ることなくめぐります。 また、肝は感情の調整もしていて、気血 […]

  • 2019年12月17日

私たちを支えてくれる五臓

中医学では内臓のことを臓腑とよびます。 西洋医学で考える内臓は形で分類されるのにたいし、中医学で考える内臓は働きや仕組みで分類されています。 臓腑の働きは、 気血水を作ってコントロールする ことです。 一旦倉庫に保管し、トラックで出荷していく、気血水 […]

  • 2019年12月15日

中医学での気血水の体質チェック!

あなたの気血水のバランスをチェックしてみましょう。 気虚タイプ □疲れやすい □元気がない □風邪がひきやすく治りやすい □食事の後や日中にとても眠くなる □不正出血や皮下出血がある □声が小さい、聞き取りにくい □胃腸が弱い □手足が冷えやすい 合 […]

  • 2019年12月14日

私たちの体の水の不調の症状

水が足りなくなったり、めぐりが悪くなって滞ったりすると、どんなサインが現れるのでしょう。 水の量が足りない状態(陰虚) □手足や顔がほてる □のぼせる □肌が乾燥する □コロコロした便が出る □寝汗をかく □イライラする □頬が赤い 血と津液はお互い […]

  • 2019年12月13日

中医学の水はどんなもの?

水とは、私たちに潤いを与えている成分で、血以外の水分 水はリンパ液、唾液、汗、尿、涙、胃液など「血」以外の成分です。西洋医学でも、私たちの体の60%〜70%は水分と言われています。中医学においても、水は体にとって、とても大切な成分の1つです。 そして […]

  • 2019年12月12日

私たちの体の血の不調の症状

血は飲食物から作られる水穀の精微を材料に生成されるため、食事から十分に栄養が摂れなかったり、栄養を消化吸収する脾や胃に問題があると、トラブルが発生する。また、女性は月経などで血が不足しがちなので、血に関する不調に陥りやすい。 血の量が足りない状態(血 […]

  • 2019年12月11日

中医学の血とはどんなもの?

血とは、私たちの体に栄養と潤いを与えているもの 血は全身の各機関に栄養を与え、滋養させる働きを持つ。解剖生理学でいう血液と似ているが、赤血球や血小板といった区別はなく、生成や作用も違い、血と血液はイコールではない。 血の働き ①全身に栄養と潤いを与え […]

  • 2019年12月10日

私たちの体の気の不調の症状

気の量が足りない(気虚) 気の量が不足している、あるいは気の機能が低下している病態が気虚。エネルギー不足のほか、発育不全、冷えや下痢、風邪を引きやすいなどを生じる。 エネルギーである気は、使うと減ります。体を動かしたり、疲れたり、しゃべったりすると気 […]

CATEGORY カテゴリごとの最新記事